ガンピ(雁皮) 
属名 ジンチョウゲ科ガンピ属 学名 Diplomorpha sikokiana
別名
名の由来
特性 落葉低木。 樹高1〜2m。 樹皮は濃褐色で光沢あり。 サクラの樹皮と似る。
葉は単葉で互生。 葉身は卵形または卵状披針形。 長さ2〜8cm。 
幅1〜4cm。 両面とも有毛。 葉縁は全縁。 葉先は鋭頭。 側脈5〜7対
本年枝の先に淡黄色の花を数個つける。萼筒は長さ約8mm、先は4裂する。
果実は核果。 長さ5〜6mm。 樹皮は和紙の原料。
類似種のキガンピは葉が対生
花の拡大画像
分布 本州(静岡以西)、四国、九州の丘陵帯の日当たりのよい林地
六甲山系では山麓から中腹の所々に生える
花期、果期  花期 5〜6月  
ガンピの樹皮  2002/6/8
  神戸市須磨区 鉢伏山南側(標高120m)
ガンピの葉  2004/6/2
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高390m)
ガンピの葉(表)  2004/6/2
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高390m)
ガンピの葉(裏)  2004/6/2
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高390m)
ガンピの花  2004/6/2
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高390m)
ガンピの花  2004/6/2
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高390m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ