アカガシ (赤樫)
属名 ブナ科アカガシ属  学名 Cyclobalanopsis acuta
別名 オオガシ、オオバガシ
名の由来 材の色の赤みが強いのでこの名がある。 樫とはカタギ(堅い木)のこと。
特性 常緑高木。 樹高は15〜20m。 雌雄同株。 樹皮は緑灰黒色。
大木になるとかさぶた状にはがれる。
葉は単葉で互生。葉身は長楕円状倒披針形で、長さ5〜12cm、幅は3〜4cm、
表面は濃緑色、裏面は淡緑色、両面ともにはじめ褐色の毛が密生する。 
葉縁は全縁。 側脈は8〜15対。  
雄花序は新枝から垂れ下がる。 長さ6〜10cm。 雌花序は葉腋に直立する。
果実は堅果(どんぐり)。 2年目に熟す。
分布 本州(宮城県以南)、四国、九州
六甲山系では照葉樹林を中心に普通に見られる
花期、果期  花期5〜6月、 果期10〜11月(翌年)
アカガシの樹皮(老齢木) 2002/3/9
  神戸市灘区 摩耶山天上寺跡 (標高600m)
  胸高直径約130cm
アカガシの樹皮(壮齢樹)  2002/1/13 
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高400m)
アカガシの樹皮(若齢樹)  2002/2/23 
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高380m)
アカガシの葉  2002/6/16
  神戸市北区 再度山北側(標高400m)
アカガシの葉(表)  2004/1/2
  神戸市北区 鍋蓋山南側(標高400m)
アカガシの葉(裏)  2004/1/2
  神戸市北区 鍋蓋山南側(標高400m)
アカガシの葉 アカガシの雄花  2010/6/9
  神戸市北区 六甲山 
アカガシの雌花  2010/6/9
  神戸市北区 六甲山 
アカガシの堅果  2002/12/22
  神戸市北区 再度山北側(標高370m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ