ウリカエデ(瓜楓)
属名 カエデ科カエデ属 学名 Acer crataegifolium
別名
名の由来 木の肌の模様を瓜に例えてこの名が付いた
特性 落葉小高木。 雌雄異株。 樹高は約6m。 樹皮は青緑色で黒い筋があるものが多い。  
葉は単葉で対生。 葉身は広卵形または長卵形で長さ3〜8cm、
幅1.5〜5cm。 葉の表面は濃緑色、裏面は淡緑色。 葉縁は分裂しないか3浅裂。
晩秋に紅葉するが、黄色に色づくものもある。
花は葉が展開する4〜5月ごろに垂れ下がって咲く。 
果実は翼果。
花の拡大画像
分布 本州、四国、九州の丘陵帯に分布。  
六甲山系では所々で見られる。
花期、果期  花期4〜5月  果期6〜8月
ウリカエデの樹皮   2002/3/2
  神戸市北区 トエンティクロス (標高310m)
ウリカエデの樹皮   2002/3/16
   神戸市北区 黒岩尾根北側(標高440m)
ウリカエデの葉   2002/6/9
  神戸市北区 再度山北側(標高350m)
ウリカエデの葉(表)   2005/5/21
   神戸市北区 山田町東下(標高250m)
ウリカエデの葉(裏)   2005/5/21
   神戸市北区 山田町東下(標高250m)
ウリカエデの紅葉  2002/11/10
  神戸市北区 トゥエンティクロス(標高380m) 
ウリカエデの花  2005/4/16
   神戸市北区 再度山北側(標高400m)
ウリカエデの花   2004/4/17
  神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高650m)
ウリカエデの果実   2004/11/14
  神戸市北区 再度山北側(標高400m)  
ウリカエデの冬芽   2003/1/5
  神戸市北区 再度山北側(標高390m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ