ウリハダカエデ(瓜肌楓)
属名 カエデ科カエデ属 学名 Acer rufinerve
別名
名の由来 樹皮の模様がマクワウリに似ているのでこの名がある。
特性 落葉高木。 雌雄異株。 樹高8〜12m。樹皮は暗緑色。老木は緑色が薄くなるが、
若木ではもっと緑色が強く黒いすじがはっきりしている。
葉は単葉で対生。 葉身はほぼ五角形で長さ8〜15cm、幅2〜4cm。
葉の表面は濃緑色、裏面は緑色。 葉縁は3〜5浅裂。 各裂片は不整の重鋸歯。
葉と同時に細長い総状花序を垂らし、淡緑色で直径8〜10mmの小さな花を開く。
果実は翼果で長さ2〜3cm。 斜めに開く。
花の拡大画像
分布 本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯に普通に見られる。
六甲山系では中腹以上の所々で見られる。
花期、果期  花期5〜6月  果期7〜10月
ウリハダカエデ(若齢樹)の樹皮 2002/4/6
  神戸市北区 再度山北側(標高380m)
ウリハダカエデ(老齢樹)の樹皮 2002/4/27
  神戸市北区 再度山北側(標高420m)
ウリハダカエデの葉(表)   2005/5/21
  神戸市灘区 六甲山西側(標高850m)
ウリハダカエデの葉(裏)   2005/5/21
  神戸市灘区 六甲山西側(標高850m)
ウリハダカエデの葉(表)   2004/11/14
  神戸市北区 再度山北側(標高400m)
ウリハダカエデの花  2002/4/27
  神戸市北区 再度山北側(標高420m)
ウリハダカエデの花  2002/4/27
  神戸市北区 再度山北側(標高420m)
ウリハダカエデの果実  2005/5/28
  神戸市灘区 六甲山西側(標高850m)
ウリハダカエデの冬芽  2003/12/21
   神戸市北区 再度山北側(標高400m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ