エゴノキ
属名 エゴノキ科エゴノキ属 学名 Styrax japonicus
別名 チシャノキ、ロクロギ
名の由来 果皮がえごいためにこの名がついた
特性 落葉小高木。 根元から何本か株立ち状に出る。 樹高は7〜8m。
葉は単葉で互生。 葉身は広卵形または狭長楕円形で、長さ5〜9cm、
幅は2〜4.5cm。 葉の表面は濃緑色でやや光沢あり、裏面は緑色。 
葉縁は低く波状の鈍鋸歯。 葉先は尾状に長い鋭尖頭または鋭頭。 
新枝に白い花をびっしりと吊り下げる。 花冠の直径約2.5cm。
果実は朔果。 長さ約1cmの卵球形。 青い果実は有毒のサポニンを含む。
かつては麻酔効果を利用して魚とりなどに用いた。
花の拡大画像
分布 北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯下部
六甲山系では所々に生えている。  川沿い、谷筋に多い。
花期、果期  花期5〜6月  果期8〜9月
エゴノキ   2005/6/18
  神戸市灘区 六甲山西側(標高760m)
エゴノキの樹皮  2002/1/13
  神戸市北区 鍋蓋山山頂付近 (標高430m)
エゴノキの葉  2002/5/25
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高330m)
エゴノキの葉(表)   2004/5/19
  神戸市北区 再度山北側(標高350m)
エゴノキの葉(裏)   2004/5/19
  神戸市北区 再度山北側(標高350m)
エゴノキの花  2005/5/21
  神戸市北区 再度山北側(標高380m)   
エゴノキの花  2002/5/24
  神戸市北区 再度山北側(標高380m)
エゴノキの花  2005/5/21
  神戸市北区 再度山北側(標高380m) 
エゴノキの果実  2002/6/29
  神戸市北区 山田町藍那(標高240m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ