オニグルミ(鬼胡桃)
属名 クルミ科クルミ属 学名 Juglans ailanthifolia
別名
名の由来 名前のオニは堅果の表面の深い溝を鬼に見立てたもの
特性 落葉高木。 樹高10〜20m。 雌雄同株。 樹皮は暗灰色。 縦に細かい裂け目。
葉は奇数羽状複葉で互生。 小葉は11〜19枚。 側小葉は楕円形または長楕円形。
長さ8〜18cm、幅3〜8cm。 小葉の表面は濃緑色、裏面は葉脈全体に毛が密生する。
葉縁は細かい鋸歯あり、葉先は鋭尖頭。
雌花は直立して赤い。
果実は堅果でいくつもが房状につく。 熟すと一個ずつ落ちる。 種子は食用になる。
分布 北海道、本州、四国、九州の川沿いに生える。
六甲山系ではトゥエンティクロス、有馬に生えている。
花期、果期  花期5〜6月  果期9〜10月
オニグルミ
  2005年6月24日  神戸市北区 有馬
オニグルミの樹皮   2002/1/6
   神戸市北区 トゥエンティクロス(標高340m)
オニグルミの葉   2002/5/25
   神戸市北区 鍋蓋山北側(標高320m)
オニグルミの葉(表)   2004/7/19
   神戸市北区 鍋蓋山北側(標高320m)
オニグルミの葉(裏)   2004/7/19
   神戸市北区 鍋蓋山北側(標高320m)
オニグルミの新芽  2002/4/13
 神戸市北区 トエンティクロス(標高350m) 
オニグルミの雄花  2002/4/20
  神戸市北区 トエンティクロス(標高350m)
オニグルミの雌花  2002/4/27
  神戸市北区 トエンティクロス(標高350m)
オニグルミの果実  2002/8/17
  神戸市北区 トエンティクロス(標高350m) 
オニグルミの種子  2009/11/16
オニグルミの冬芽、葉痕  2002/12/8
  神戸市北区 トエンティクロス(標高350m) 
六甲山系の樹木図鑑トップへ