カゴノキ(鹿子の木)
属名 クスノキ科カゴノキ属 学名 Actinodaphne lancifolia
別名
名の由来 樹皮が鹿の子模様になるのでこの名がある。
特性 常緑高木。 雌雄異株。 樹高は10〜15m。 樹皮は鹿の子まだらに剥げ落ちる。
葉は単葉で互生し、枝先に集中する。 葉身は倒卵状披針形または倒卵状長楕円形
で、長さ5〜10cm、幅は2〜4cm。 葉の表面は暗緑色で光沢があり、無毛。
裏面は灰白緑色。 葉縁は全縁で大きな波状となる。 葉先は鈍頭。 側脈は7〜10対
花は葉の付け根に数個がまとまってつく。
果実は液果。 直径約7mmの球形。 赤く熟す。 花や果実を見る機会は少ない。
花の拡大画像
分布 本州(関東、福井県以西)、四国、九州の丘陵帯
六甲山系では照葉樹林でよく見られる。
花期、果期  花期7月  翌秋
カゴノキの樹皮(壮齢樹)  2002/1/5
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高450m)
カゴノキの樹皮(若齢樹)  2003/1/4
  神戸市北区 長坂山南側(380m)
カゴノキ(老齢樹)の樹皮  2002/5/2
 神戸市北区 有野町 山王神社(標高280m)
 胸高直径70cm
カゴノキの葉  2004/1/2
  神戸市兵庫区 鍋蓋山南側(標高350m)
カゴノキの葉(表)  2004/1/2
  神戸市兵庫区 鍋蓋山南側(標高350m)
カゴノキの葉(裏)  2004/1/2
  神戸市兵庫区 鍋蓋山南側(標高350m)
カゴノキの冬芽   2004/1/10
  神戸市北区 丹生山南側(標高200m)
カゴノキの花  2005/9/9
  神戸市北区 再度山北側(標高390m)
カゴノキの雄花  2005/9/9
  神戸市北区 再度山北側(標高390m)
カゴノキの果実  2005/8/7
  神戸市西区 雌岡山(標高170m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ