カナメモチ(要黐)
属名 バラ科カナメモチ属 学名 Photinia glabra
別名 アカメモチ、ソバノキ
名の由来 扇の要に使ったという説がある。 アカメモチは若葉が赤いことから。 ソバノキは
白い花をソバの花になぞらえたもの。
特性 常緑小高木。 樹高5〜10m。 生垣や庭木としてよく利用される。
葉は単葉で互生。 葉身は狭倒卵形または長楕円形で長さ6〜12cm、
幅2〜4cm。 葉の表面は濃緑色、裏面は淡白緑色。 葉縁は細かく
鋭い鋸歯があり、葉先は鋭頭または鋭尖頭。 新葉は紅色。
複散房花序を出し、小さな白い花が集まって泡立つように咲く。 
果実は約5mmの球形。 赤く熟す。
「ウバメガシ」や「アベマキ」等のカシ類とならんで日本産の材の中では最も重い。
花の拡大写真
分布 本州(東海以西)、四国、九州の丘陵帯
六甲山系では山麓の社寺林で多く見られる。 アカマツやコナラの二次林でも見られる。
花期、果期  花期5〜6月   果期12月
カナメモチの樹皮   2002/3/9
   神戸市北区 黒岩尾根北側(標高450m)
カナメモチの葉   2002/1/14
   神戸市北区 再度山北側(標高370m)
カナメモチの葉(表)   2003/12/16
   神戸市北区 再度山北側(標高440m)
カナメモチの葉(表)   2004/1/12
  神戸市北区 イヤガ谷(標高270m)
 
カナメモチの新芽  2002/4/13
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高350m)
カナメモチの花  2003/6/1
  神戸市北区 トゥエンティクロス(標高350m)
カナメモチの果実   2003/12/27
  神戸市須磨区 鉢伏山南側(標高80m)
カナメモチの果実   2003/12/7
  神戸市北区 トゥエンティクロス(標高350m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ