カマツカ(鎌柄)
属名 バラ科カマツカ属 学名 Pourthiaea villosa
別名 ウシゴロシ、ケナシウシゴロシ
名の由来 材が硬くて丈夫なため鎌の柄に使われたのでこの名がある。
別名ウシゴロシは牛に鼻輪を付ける時に、この木で穴を開けたことに由来する。 
特性 落葉小高木。 樹高5〜7m。 樹皮は暗灰色で縦にしわが寄り、班紋がある。
葉は単葉で長枝に互生し、短枝に束生する。 葉身は広楕円形または長楕円形で
長さ4〜8cm、幅は2〜5cm。 葉の表面は淡緑色、裏面は灰白緑色。
葉縁は細かく鋭い鋸歯がある。 葉先は鋭尖頭。
短い枝先に複散房花序を出し、直径8〜9mmの小さな白い花が集まって咲く。
花弁は5個で円形。
果実はナシ状果。  長さ7〜9mmの楕円形で、秋に赤く熟す。
類似種のワタゲカマツカは葉の裏面などに毛が多く、葉葉も一回り大きい。
花の拡大画像
分布 本州、四国、九州の丘陵帯に生える。
六甲山系では谷筋、コナラ林でよく見られる。
花期、果期  花期4〜5月 果期10月
カマツカの樹皮  2002/4/27
  神戸市北区 再度山北側(標高360m)
カマツカの葉  2002/4/27
  神戸市北区 再度山北側(標高360m)
カマツカの葉(表)  2004/5/15
  神戸市北区 再度山北側(標高400m)
カマツカの葉(裏)  2004/5/15
  神戸市北区 再度山北側(標高400m)
カマツカの花   2004/5/15
  神戸市北区 再度山北側(標高400m)
カマツカの花   2004/5/15
  カマツカの花   2004/5/15
カマツカの果実  2002/10/19
  神戸市北区 再度山北側(標高370m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ