カヤ(榧)
属名 イチイ科カヤ属 学名 Torreya nucifera
別名 ホンカヤ
名の由来
特性 常緑針葉高木。 樹高は20〜30m。 雌雄異株。 樹皮は赤褐色で縦に浅く裂け、
薄く剥がれる。 葉は線形で、枝に2列互生し、長さ2〜3cmで、幅は2〜3mm。
表面は暗緑色で光沢がある。裏面は淡緑色で2条の淡黄色の気孔線がある。
葉先は針状で鋭く尖る。
花は春に咲く。 果実は1年半かけて熟し、秋になると緑色の果皮の先端が割れる。
種子は油成分が多く、かつては食用油や整髪油をこの実から絞った。種子は食用に
なる。 材は緻密で堅い。
類似種のイヌガヤは葉が柔らかく、手でにぎっても痛くない。
分布 本州(宮城県以南)、四国、九州の丘陵帯、山地帯に生育する。
六甲山系では自生は少なく。 社寺林などに多い。
花期、果期  花期5月   果期9〜10月
 カヤの樹皮(老齢樹)   2002/5/2
  神戸市北区 有野町 山王神社(標高280m)
  胸高直径110cm
カヤの樹皮(若齢樹)   2004/1/4
  神戸市北区 丹生山南側(標高300m)
カヤの葉  2002/10/14
   神戸市北区 丹生山(標高300m)
カヤの葉  2003/1/3
  神戸市北区 山田町藍那(標高280m)
カヤの葉(表)  2003/1/3
  神戸市北区 山田町藍那(標高280m)
カヤの葉(裏)  2003/1/3
  神戸市北区 山田町藍那(標高280m)
 カヤの樹冠   2002/5/2
  神戸市北区 有野町 山王神社(標高280m)
カヤの樹形  2003/12/30
  神戸市須磨区 白川(標高150m)
  石抱きのカヤ
六甲山系の樹木図鑑トップへ