キブシ(木五倍子)
属名 キブシ科キブシ属 学名 Stachyurus praecox
別名 マメビシ、キブジ
名の由来 実がヌルデの五倍子(フシ)の代用にされたことによる
特性 落葉低木。 雌雄異株。 樹高3〜4m。 樹皮は赤褐色。 
葉は単葉で互生。 葉身は長卵形または楕円形。  
長さ6〜12cm、幅は3〜5cm。 葉の表面は濃緑色、裏面は淡緑色。
葉縁は鋭鋸歯、葉先は長く鋭尖頭。 側脈5〜7対。
葉が出るより先に黄色の花房を吊り下げる。 花の内部を見ないと雌雄の違いは
わからない一般的に雄花は黄色みが強く、雄花は緑色を帯びる傾向にある。
果実は液果。 直径約1cm。  黄褐色に熟す。
花の拡大画像
分布 北海道(西南部)、本州、四国、九州
六甲山系では川筋や谷筋で見られるが、あまり多くない。
花期、果期  花期3〜5月  果期10〜12月
キブシの樹皮(若齢樹)  2002/3/16
   神戸市北区 鍋蓋山北側(標高350m)
キブシの樹皮(老齢樹)  2002/3/31
 胸高直径13cm
  神戸市北区 金剛童子山西側(標高500m)
キブシの葉  2002/5/12
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高350m)
キブシの葉(表)  2004/8/7
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
キブシの葉(裏)  2004/8/7
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
キブシの花  2004/3/29
  神戸市北区 再度山北側(標高330m)
キブシの花  2004/3/29
  神戸市北区 再度山北側(標高330m)
キブシの果実  2002/6/15
  神戸市北区 山田町藍那(標高220m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ