クヌギ(椚) 
属名 ブナ科コナラ属 学名 Quercus acutissima
別名 ツルバミ、ドングリノキ
名の由来 国木の転訛で日本書記で天皇が命名したという伝承説話
特性 落葉高木。 雑木林の代表的な樹種。 雌雄同株。 樹高は15〜17m 
樹皮は灰黒褐色で不規則に割れる。 
葉は単葉で互生。 長さ8〜15cm、幅は2〜4cm。 葉の表面は濃緑色。 光沢があり。
裏面は淡緑色。 葉縁は波状鋸歯で、先端は芒となり、淡黄褐色で0.2〜0.3cmの
縁から出る。  側脈は12〜16対。
花は葉の展開と同時に開花。 雄花序は垂れ下がり、雌花は葉の付け根につく。   
果実は堅果。 球形で2cmほどで2年目に熟す。
分布 本州(岩手、山形県以南)、四国、九州の丘陵帯から山地帯下部
六甲山系ではコナラ二次林の所々で見られる。
花期、果期  花期4〜5月     果期9〜10月 
クヌギの樹皮   2004/12/26
  神戸市兵庫区 鍋蓋山南側(標高340m)
クヌギの葉  2002/4/27
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高370m)
クヌギの葉(表)  20024/8/15
  神戸市北区 再度山北側(標高330m)
クヌギの葉(裏)  20024/8/15
  神戸市北区 再度山北側(標高330m)
クヌギの黄葉  2002/11/17
  神戸市兵庫区 鍋蓋山北側(標高350m)
クヌギの果実  2002/10/19
  神戸市北区 山田町藍那(標高250m)
クヌギの樹形   2004/1/2
  神戸市兵庫区 鍋蓋山南側(標高340m)
クヌギの冬芽   2003/1/4
  神戸市北区 山田町藍那(標高260m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ