クマノミズキ(熊野水木) 
属名 ミズキ科ミズキ属 学名 Cornus macrophylla
別名
名の由来 三重県の熊野に産するミズキという意味。
特性 落葉高木。 樹高10〜15m。  樹皮は灰黒緑色。
葉は単葉で対生。 枝の先にやや集中する。 葉身は卵形ないし長楕円形または
卵状長楕円形。 長さ10〜17cm、幅は5〜10cm。 葉の表面は緑色でやや光沢あり、
裏面は緑色で全面に毛がある。 葉縁は全縁で低く小さな波状の鋸歯。
葉先は急鋭尖頭。  
花は淡いクルーム色の小さい花の散房花状。匂いがある。 
果実は核果。  球形で直径約5mm。 赤く熟す。
類似種のミズキは葉が互生で、花期が1カ月ほど早い。
花の拡大画像
分布 本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯
六甲山系では谷筋などに多い。
花期、果期  花期6〜7月  果期10月
クマノミズキの樹皮  2002/3/16
  神戸市北区 黒岩尾根北側(標高360m)
クマノミズキの葉  2002/5/11
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高340m)
クマノミズキの葉(表)   2004/6/13
  神戸市北区 山田町小部(標高320m)
クマノミズキの葉(裏)   2004/6/13
  神戸市北区 山田町小部(標高320m)
クマノミズキの花   2004/6/13
  神戸市北区 山田町小部(標高320m)  
クマノミズキの花   2004/6/13
  神戸市北区 山田町小部(標高320m)  
クマノミズキの花   2004/6/13
  神戸市北区 山田町小部(標高320m)  
クマノミズキの果実  2003/8/30
  神戸市北区 再度山北側(標高350m)
クマノミズキの樹形  2003/12/7
  神戸市北区 トエンティクロス (標高390m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ