クリ(栗)
属名 ブナ科クリ属 学名 Castanea crenata
別名 シバグリ
名の由来 果皮の色クリの意味、またはクロ(黒)の転訛。 
落ちた実が石に似ていることから石の古語にあたるクリの転。
特性 落葉高木。 樹高は10m。 樹皮は灰黒色で縦に深い割れ目がある。 若枝は
淡緑色から紫黒色に変わり小さな点のような皮目がある。
葉は単葉で互生。 葉身は長楕円形または長楕円状披針形。 長さは10〜20cm、
幅は4〜7cm。 葉の表面は濃緑色、裏面は灰白色または淡緑色。 葉縁は鋭い鋸歯。
先端はクヌギより短い芒状で緑色となる。花状はひも状で噴水のような形になる。 
たくさんの雄花がついてひも状になった花状の基部に雌花が1〜2個つく。 花が開くと
独特の匂いがする。 
果実は堅果。 その年の秋に熟す。
分布 北海道(西南部)、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯
六甲山系では所々で見られる。
花期、果期  花期6〜7月  果期9〜10月
クリの樹皮   2002/1/6  
  神戸市北区 鍋蓋山北側 (標高390m)
クリの葉   2002/5/11
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高330m)
クリの葉(表)  2004/5/30
  神戸市北区 山田町藍那(標高240m)
クリの葉(裏)  2004/5/30
  神戸市北区 山田町藍那(標高240m)
クリの雄花  2004/6/15
  神戸市北区 山田町藍那(標高240m)
クリの雄花  2004/6/15
  神戸市北区 山田町藍那(標高240m)
クリの雄花  2004/6/15
  神戸市北区 山田町藍那(標高240m)
クリの雌花  2004/6/15
  神戸市北区 山田町藍那(標高240m)
クリの果実  2002/9/23
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高330m)
クリの冬芽  2002/12/15
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高330m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ