ケケンポナシ(毛玄圃梨)
属名 クロウメモドキ科ケンポナシ属 学名 Hovenia trichocarpa
別名
名の由来
特性 落葉高木。 樹高20〜25m。 樹皮には細かい亀裂がある。 
葉は単葉で枝の片側に2枚ずつ交互に互生する。 葉身は長卵形または広卵形。
長さ10〜20cm、幅は6〜15cm。 葉の表面は濃緑色で光沢がある。 裏面は
濃灰緑色。 葉縁は低い不整の鋸歯。 葉脚基部に腺体があり、太い3本の主脈がある。
果実が熟す頃になると果柄は太く肉質に膨らんで、甘みがあって食べられる。
果実は核果。 直径約8mmで球形で軟毛に覆われる。 紫褐色に熟す。
花の拡大画像
分布 本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯
六甲山系では所々に見られる。 (再度山、黒岩尾根北側)
花期、果期  花期6〜7月  果期9〜11月
ケケンポナシ(壮齢樹)の樹皮 2002/3/3
   神戸市北区 再度山北側 (標高400m)
ケケンポナシの樹皮(若齢樹) 2002/5/25
   神戸市北区 黒岩尾根北側(標高400m)
ケケンポナシの葉   2002/6/2
   神戸市北区 再度山北側(標高390m)
ケケンポナシの葉(表)   2005/6/5
   神戸市北区 再度山北側(標高390m)
ケケンポナシの葉(表)   2005/6/5
   神戸市北区 再度山北側(標高390m)
ケケンポナシの花   2007/7/3
   神戸市北区 山田町藍那(標高250m)
ケケンポナシの花   2007/7/3
   神戸市北区 山田町藍那(標高250m)
ケケンポナシの果実   2002/11/2
   神戸市北区 山田町藍那(標高250m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ