コアジサイ(小紫陽花) 
属名 ユキノシタ科アジサイ属 学名 Hydrangea hirta
別名 シバアジサイ
名の由来
特性 落葉低木。 樹高1〜1.5m
樹皮は縦にひび割れて、薄く剥がれ落ちる。
葉は単葉で対生。 葉身は卵形または倒卵形。 長さ4〜8cm、幅3〜5cm。
葉の表面は緑色、裏面は淡緑色。 両面とも葉脈に毛がある。
葉縁はやや大きい鋭鋸歯。 葉先は尾状で鋭尖頭。 側脈は5〜6対。
枝先に直径5cmほどの散房花序を出す。 装飾花はなく、すべて両性花。
花弁は白色〜淡青色で5個。
果実は朔果.。 直径2mmの球形。 先端に花柱が残る。
花の拡大画像
分布 本州(関東以西)、四国、九州の丘陵帯から山地帯下部の湿った林地に普通に見られる。
六甲山系では中腹以上の湿った谷筋に多く見られる。
花期、果期  花期6〜7月  果期9〜10月
コアジサイ  2004/5/30
  神戸市灘区 六甲山南側(標高450m)
コアジサイの樹皮  2002/5/25
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高350m)
コアジサイの葉 2002/5/25
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高350m)
コアジサイの葉(表) 2004/5/30
  神戸市灘区 六甲山南側(標高450m)
コアジサイの葉(裏) 2004/5/30
  神戸市灘区 六甲山南側(標高450m)
コアジサイの花  2004/6/5
  神戸市灘区 六甲山南側(標高450m)
コアジサイの花  2004/6/5
  神戸市灘区 六甲山南側(標高450m)
コアジサイの果実  2003/2/2
  神戸市北区 再度山北側(標高330m)
コアジサイの種子  2006/1/10
六甲山系の樹木図鑑トップへ