コガクウツギ(小額空木)
属名 ユキノシタ科アジサイ属 学名 Hydrangea luteo-venosa
別名
名の由来 木の雰囲気がウツギ(ウツギ属)に似ていて、ガクが小さいことによる
特性 落葉低木。樹高1m。 枝は赤紫色。
葉は単葉で対生。葉身は長楕円形または楕円形。葉縁はあらい鋸歯。表面は緑色、
光沢がある。
枝先に散房花序をつける。 両生花と装飾花がいっしょにつく。 直径3〜5cm。
装飾花のガク片は白色で3〜4個、大小がある。
果実は朔果。 卵形で長さ約5mm。
花の拡大画像
分布 本州(伊豆半島以西)、四国、九州
六甲山系では湿った谷筋に多い。
花期、果期  花期5〜7月  果期9〜10月
コガクウツギの樹皮  2002/5/12
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高390m)
コガクウツギの葉  2002/5/12
  神戸市北区 鍋蓋山山北側(標高390m)
コガクウツギの葉(表)  2004/5/19
  神戸市北区 鍋蓋山山北側(標高390m)
コガクウツギの葉(裏)  2004/5/19
  神戸市北区 鍋蓋山山北側(標高390m)
コガクウツギの花  2004/5/19
  神戸市北区 再度山北側(標高370m)
コガクウツギの花  2002/5/18
  神戸市北区 金剛童子山東側(標高350m)
コガクウツギの両性花  2002/5/18
  神戸市北区 金剛童子山東側(標高350m)
コガクウツギの果実  2006/1/9
  神戸市北区 再度山北側(標高400m)
コガクウツギの種子  2006/1/9
六甲山系の樹木図鑑トップへ