コシアブラ(濾し油)
属名 ウコギ科ウコギ属 学名 Acanthopanax sciadophylloides
別名
名の由来 樹脂から採る油を濾して塗料として使ったのでこの名がある。
特性 落葉高木。 樹高10〜15m。 樹皮は灰白色。
葉は5枚の小葉からなる掌状複葉で、長枝に互生し、枝の先端または短枝に束生する。 
小葉は倒卵形または倒卵状楕円形。頂小葉が大きく長さ9〜20cm、幅は4〜9cm。 
小葉の表面は緑色で光沢がある。 裏面は淡緑色。 葉縁は芒状の不整の鋸歯。
花は黄色の円錐花序。 
果実は液果。 扁平な球形で直径4mmほどで黒く熟す。
分布 北海道、本州、四国、九州
六甲山系では照葉樹林、二次林とも多く見られる。
鍋蓋山北側(標高370m)では樹高20m、胸高直径60cmの大木がある。
花期、果期  花期8〜9月  果期10〜11月
コシアブラの樹皮   2002/2/24
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高420m)
コシアブラの葉  2002/4/14
  神戸市北区 菊水山北側(標高380m)
コシアブラの小葉(表)  2004/8/15
  神戸市北区 再度山北側(標高390m)
コシアブラの小葉(裏)  2004/8/15
  神戸市北区 再度山北側(標高390m)
コシアブラの新芽  2002/4/14
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高420m)
コシアブラの樹形  2002/3/30
   神戸市北区 鍋蓋山北側(標高420m)
コシアブラの黄葉  2002/11/17
  神戸市北区 菊水山北側(標高380m)
コシアブラの冬芽  2002/12/14
  神戸市北区 再度山北側(標高430m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ