コバノガマズミ(小葉莢迷)
属名 スイカズラ科ガマズミ属 学名 Viburnum erosum punctatum
別名
名の由来 カマズミに比べると葉が小さいため
特性 落葉低木。 樹高2〜4m。 枝は灰白褐色。
葉は単葉で対生。 葉身は倒卵状楕円形または卵状楕円形で、長さ4〜10cm。
幅は2〜4cm。 葉の表面は緑色、裏面は帯白緑色。 葉縁は粗く鋭い鋸歯。 3本主脈。
表裏面とも毛がある。 
散形花序は直径4cmほどでガマズミより一回り小さい。 白い花を多数付ける。
秋に果実は赤く熟す。 
類似種のガマズミミヤマガマズミの葉柄は長い。
花の拡大画像
分布 本州(関東以西)、四国、九州の丘陵帯から山地帯下部に分布。
六甲山系では全山系でよく見られる。特にアカマツ林に多い。
花期、果期  花期4〜5月 果期9〜10月
コバノガマズミの樹皮  2002/10/18
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高330m)
コバノガマズミの葉  2002/10/18
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高330m)
コバノガマズミの葉(表)  2005/6/5
  神戸市北区 再度山北側(標高350m)
コバノガマズミの葉(裏)  2005/6/5
  神戸市北区 再度山北側(標高350m)
コバノガマズミの花  2005/4/30
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高380m)
コバノガマズミの花  2005/4/30
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高380m)
コバノガマズミの花  2004/4/30
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高380m)
コバノガマズミの果実  2002/10/18
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高330m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ