コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)
属名 ツツジ科ツツジ属 学名 Rhododendrom reticulatum
別名
名の由来 葉が3枚輪生し、他のミツバツツジよりも葉が小さいのでこの名がある。
特性 落葉低木。 よく分枝し、樹高2〜3m。 樹皮は灰褐色。
葉は単葉で枝先に3輪生する。 葉身は広卵形または菱状卵形で、長さ2.5〜5cm
幅は1.5〜3cm。 葉の表面は濃緑色、裏面は灰緑色。 葉縁は波状。 葉先は鋭尖頭
普通、葉が開くより先に花が咲く。 花は直径約3cm。 紅紫色。
果実は朔果。 熟すと開裂する。
花の拡大画像
分布 本州(静岡県以西)、四国、九州の丘陵帯に分布
六甲山系では全山系の至るところで見られる。ツツジ類の中では一番早く咲き、
株数も多い。
花期、果期  花期4月  果期8〜9月
コバノミツバツツジ  2004/4/21
  神戸市北区 再度山北側(標高330m)
コバノミツバツツジの樹皮  2002/3/23
  神戸市北区 鍋蓋山北側(標高450m)
コバノミツバツツジの葉  2002/4/6
  神戸市北区 再度山北側(標高370m)
コバノノミツバツツジの葉(表)  2005/6/5
  神戸市北区 再度山南側(標高390m)
コバノノミツバツツジの葉(裏)  2005/6/5
  神戸市北区 再度山南側(標高390m)
コバノミツバツツジの花  2005/4/9
  神戸市東灘区 六甲山南側(標高250m)
コバノミツバツツジの花  2005/4/9
  神戸市東灘区 六甲山南側(標高250m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ