コマユミ(小真弓)
属名 ニシシギ科ニシシギ属 学名 Euonymus alatus
別名
名の由来
特性 落葉低木。 樹高2〜3m。 枝にはコルク質の翼がない(翼があるのはニシキギ)
樹皮は灰褐色。
葉は単葉で対生。 葉身は倒卵形または長楕円形。長さ2〜7cm、幅は1〜3cm。 
葉の表面は緑色、裏面は淡緑色。 葉縁は鋭く細かい鋸歯。 葉先は急鋭尖頭。 
側脈は5〜7対。 
集散花序を出し、淡緑色の花が数個つく。 
果実は朔果、秋に橙赤色に熟す。
果実はたてに2片に裂開して朱色の仮種皮に包まれた種子をぶらさげる
葉は紅葉した後に散るが、実はしばらく付いている。
分布 北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯に分布
六甲山系では中腹から上部の林縁の所々で見られる。
花期、果期  花期5〜6月  果期9〜11月 
コマユミの樹皮  2002/5/3
   神戸市兵庫区 鍋蓋山南側(標高360m)  
コマユミの葉  2002/5/3
   神戸市兵庫区 鍋蓋山南側(標高360m)  
コマユミの葉(表)  2005/5/29
  神戸市北区 長坂山北側(標高250m)
コマユミの葉(裏)  2005/5/29
  神戸市北区 長坂山北側(標高250m)
コマユミの紅葉  2001/11/16
  神戸市兵庫区 鍋蓋山南側(標高360m)
コマユミの花  2002/5/3
   神戸市兵庫区 鍋蓋山南側(標高360m)  
コマユミの果実  2003/10/26
  神戸市北区 山田町中(標高230m) 
六甲山系の樹木図鑑トップへ