ケヤマハンノキ(毛山榛の木)
属名 カバノキ科ハンノキ属 学名 Alnus hirsuta 
別名
名の由来
特性 落葉高木。 樹高15〜20m。 樹皮は黒褐色を帯び、大小の皮目がある。
葉は単葉で互生。 葉身は広卵形または広楕円形。 長さ8〜15cm、幅は4〜12cm。
葉の表面は濃緑色、裏面は帯白緑色で、毛が全面にある。
葉縁は大型の欠刻状の重鋸歯。 側脈は6〜8対。
雄花序は長さ7〜9cm、2から4個垂れ下がる。 雌花序は雄花序より下に3〜5個
下向きにつく。
果実は堅果。 長楕円形で狭い翼がある。 果穂は長さ1.5〜2.5cm。
分布 北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯に分布。
六甲山系では谷筋の所々で見られる。治山樹種として植栽されたものと思われる。
花期、果期  花期4月  
ケヤマハンノキの樹皮  2002/3/21
  神戸市中央区 再度山南側(標高370m)
ケヤマハンノキの葉  2002/4/6
  神戸市中央区 再度山南側(標高370m)
ケヤマハンノキの葉(表)  2005/5/17
  神戸市中央区 再度山南側(標高370m)
ケヤマハンノキの葉(裏)  2005/5/17
  神戸市中央区 再度山南側(標高370m)
ケヤマハンノキの雄花序  2005/4/3
  神戸市灘区 六甲山西側(標高760m)
ケヤマハンノキの雌花序  2003/1/12
  神戸市灘区 六甲山西側(標高760m)
ケヤマハンノキの果実  2004/11/13
  神戸市灘区 六甲山西側(標高760m)  
ケヤマハンノキの種子  2004/11/13
ケヤマハンノキの冬芽  2003/1/12
  神戸市灘区 六甲山西側(標高760m)
ケヤマハンノキの葉痕  2003/1/12
  神戸市灘区 六甲山西側(標高760m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ