ウスギヨウラク(薄黄瓔珞)
属名 ツツジ科 ヨウラクツツジ属 学名 Menziesia ciliicalyx
別名 ツリガネツツジ、サイリンヨウラク
名の由来
特性 落葉低木。 樹高1〜2m。 樹皮は灰褐色、縦に浅く裂ける。 よく分枝する。
葉は互生し、枝先に集まる。葉身は倒卵形または楕円形。
長さ2〜5cm、幅1.5〜2.5cm。 
表面は緑色で無毛かまばらに毛がある。 裏面は粉白色、主脈にあらい毛。
葉縁は全縁、縁毛がある。
枝先に散形状に鐘状筒形の黄緑白花を3〜8個つける。
花の筒先は5裂する。 花弁内部に赤い斑点が多数ある。
果実は刮ハ、直径4mmほどの球形で秋に熟す。
花の拡大画像
分布 本州(静岡県西部・石川県以西)・四国(徳島県)の山地帯
六甲山系では山上に生えるが、数は少ない。
花期、果期  花期4〜6月、果期8〜9月
ウスギヨウラク  2005/5/15
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
ウスギヨウラクの樹皮  2005/5/15
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
ウスギヨウラクの葉  2005/5/15
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
ウスギヨウラクの葉  2005/5/15
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
ウスギヨウラクの葉(表)  2005/5/15
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
ウスギヨウラクの葉(裏)  2005/5/15
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
ウスギヨウラクの花  2005/5/15
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
ウスギヨウラクの花  2005/5/15
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
ウスギヨウラクの花  2005/5/15
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ