ウスノキ(臼の木)
属名 ツツジ科スノキ属 学名 Vaccinium hirtum
別名 カクミノスノキ
名の由来 果実の先端がへこむのを臼に見立ててこの名がついた
特性 落葉低木。樹高1m。 よく分枝する。
葉は単葉で互生。 葉身は卵状楕円形または卵状長楕円形。 長さ3〜7cm、
幅0.7〜2.5cm。葉の表面は緑色、裏面は淡緑色で光沢がある。
前年枝の先に緑白色に淡紅色の筋の入った花を1〜2個付ける。 
花冠は長さ6mmの鐘形で、先端は5裂し、反り返る。
果実は液果。 直径約8mmの倒卵状球形で先はくぼむ。 
赤色に熟し、酸味があり、食べられる。
類似種のスノキの葉は酸っぱいが、ウスノキは酸っぱくない。
分布 北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯の林地に分布
六甲山系ではスノキと比べて極めて少ない。
花期、果期  花期4〜5月  果期7〜9月
ウスノキ  2009/7/7
  神戸市北区 六甲山
ウスノキの樹皮 2009/7/7
  神戸市北区 六甲山
ウスノキの葉  2009/7/7
  神戸市北区 六甲山
ウスノキの葉(表)  2009/7/7
  神戸市北区 六甲山
ウスノキの葉(裏)  2009/7/7
  神戸市北区 六甲山
ウスノキの果実  2009/7/7
  神戸市北区 六甲山
ウスノキの果実  2009/7/7
  神戸市北区 六甲山
六甲山系の樹木図鑑トップへ