オオカメノキ(大亀の木) 
属名 スイカズラ科ガマズミ属 学名 Viburnum furcatum
別名 ムシカリ
名の由来 『オオカメノキ』は卵円形の葉の形を亀の甲羅に見立てたもの
『ムシカリ』は葉によく虫がつくので『虫食われ』が転訛したもの
特性 落葉小高木。 樹高3〜6m。 樹皮は暗灰褐色。
葉は単葉で対生。 葉身は広卵形または円形。 長さ10〜20cm。
幅8〜18cm。 葉の表面は濃緑色。 裏面は淡緑色。 葉縁は重鋸歯。
葉先は急鋭尖頭。 側脈は8〜12対。
枝先に直径6〜14cmの散房花序を出し、白い花を多数つける。
花序の中心には両性花がつき、その周りに直径2〜3cmの装飾花をつける。
花序には柄がない。 
果実は核果。 長さ8〜10mmの広楕円形。 赤く熟す。  
類似種のヤブデマリは花序が有柄。
花の拡大画像
分布 北海道、本州、四国、九州の山地帯上部から亜高山帯下部に生える。
六甲山系では裏六甲の谷筋に生えている。
花期、果期  花期 4〜5月  果期8〜10月
オオカメノキの花  2004/4/24
  神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高700m)  
オオカメノキの樹皮  2002/5/2
 神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高770m)
オオカメノキの葉  2002/5/2
 神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高770m)
オオカメノキの葉(表)  2005/6/19
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
オオカメノキの葉(裏)  2005/6/19
  神戸市灘区 六甲山西側(標高780m)
オオカメノキの蕾  2003/4/13
 神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高770m)
オオカメノキの花   2005/4/30
  神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高700m)
オオカメノキの花   2005/4/30
  神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高700m)
オオカメノキの花(装飾花)  2004/4/17
 神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高770m)
オオカメノキの花(両性花)  2004/4/17
 神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高770m)
オオカメノキの果実  2007/7/29
 神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高770m)
オオカメノキの冬芽  2002/2/2
 神戸市北区 六甲山北側 紅葉谷(標高770m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ