クマイチゴ(熊苺)  
属名 バラ科キイチゴ属 学名 Rubus cratagifolius
別名
名の由来 熊の出そうなところに生えることから、熊が食べるイチゴということから。
特性 落葉低木 樹高1〜2m
枝は赤紫で無毛、大きく扁平な刺がまっすぐに出る。
葉は単葉で互生。 当年枝つける葉縁は5中裂。 各裂片には大きく鋭い重鋸歯。
果枝につける葉身はやや小さく、葉縁は3〜5中裂し、各裂片の縁には大きな重鋸歯。
長さ4〜14cm。幅4〜14cm。
葉の表面は濃緑色、裏面は淡緑色。 葉脈上に刺がある。
直径1〜1.5cmで白色の花が2〜6個集まって咲く。花弁は細い。
花弁と花弁の間に隙間がある。
果実は集合果。 直径1cmの球形、赤く熟す。 食べられる。
花の拡大画像
分布 北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯に多い。
六甲山系では中腹以上の所々に生えるが、数は多くない。
花期、果期  花期 5〜7月  果期 7〜8月
クマイチゴの樹皮  2002/6/1
 神戸市北区 六甲山北側 魚屋道(標高800m)
クマイチゴの葉  2002/6/1
 神戸市北区 六甲山北側 魚屋道(標高800m)
クマイチゴの葉(表)   2004/4/29
  神戸市灘区 六甲山西側(標高840m) 
クマイチゴの葉(表)   2004/4/29
  神戸市灘区 六甲山西側(標高840m) 
クマイチゴの花  2004/5/5
  神戸市北区 有馬(標高450m)
クマイチゴの果実  2002/6/23
  神戸市北区 石楠花山南側(標高580m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ