クロバイ(黒灰) 
属名 ハイノキ科ハイノキ属 学名 Symplocos prunifolia
別名 トチシバ、ソメシバ
名の由来 この木の灰を媒染剤として用いた。
特性 常緑小高木。 樹高10m。 樹皮は黒褐色。 皮目がある。
葉は単葉で互生。 葉身は長楕円形。 長さ4〜8cm、幅2〜3cm。 
葉縁は低い鋸歯。 葉は革質で光沢あり。
前年枝の葉腋に長さ5〜8cm総状花序を出し、白い花を多数つける。
花は直径7〜9mm。
果実は核果で卵状楕円形。 長さ約8mm。 黒紫色に熟す。
花の拡大画像
分布 本州(関東南部以西)、四国、九州の丘陵帯の照葉樹林。
六甲山系では稀。 太山寺の原生林に生えている。
花期、果期  花期4〜5月  果期11月〜1月
クロバイ  2005/5/2
  神戸市北区 稚児墓山南側(標高240m)
クロバイの樹皮  2005/5/2
  神戸市北区 稚児墓山南側(標高240m)
クロバイの葉  2002/12/28
  神戸市西区 太山寺(標高100m)
クロバイの葉(表)  2005/5/2
  神戸市北区 稚児墓山南側(標高240m)
クロバイの葉(裏)  2005/5/2
  神戸市北区 稚児墓山南側(標高240m)
クロバイの花   2005/5/2
  神戸市北区 稚児墓山南側(標高240m)
クロバイの花   2005/5/2
  神戸市北区 稚児墓山南側(標高240m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ