アズキナシ(小豆梨)
属名 バラ科ナナカマド属 学名 Sorbus alnifolia
別名 ハカリノメ
名の由来 果実がナシに似ていて、実が小さいため
特性 落葉高木。 樹高10〜15m。 樹皮は灰黒褐色でざらざらの皮目あり。
葉は単葉で互生。 葉身は広卵形または楕円形。 長さ5〜10cm、幅4〜7cm。
葉の表面は緑色。 裏面は淡い緑色。 葉縁は重鋸歯。 葉先は鋭尖頭。 
側脈は8〜12対。
枝先に散状花序を出す。 直径1〜1.5cmの白い花を多数つける。
果実はナシ状果。 赤く熟す。
花の拡大写真
分布 北海道、本州、四国、九州の山地帯に分布。 山の斜面の落葉林に多い。
六甲山系では非常に少ない (神戸西部に分布)
花期、果期  花期4〜6月  果期10〜11月
アズキナシの樹皮  2003/4/27
  神戸市西区 雌岡山(標高170m)
アズキナシの葉  2004/8/13
  神戸市北区 山田町衝原(標高180m)
アズキナシの葉(表)  2004/8/13
  神戸市北区 山田町衝原(標高180m)
アズキナシの葉(裏)  2004/8/13
  神戸市北区 山田町衝原(標高180m)
アズキナシの花  2003/4/27
  神戸市西区 雌岡山(標高170m)
アズキナシの花  2003/4/27
  神戸市西区 雌岡山(標高170m)
アズキナシの果実  2004/10/9
  神戸市西区 雌岡山(標高170m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ