エビガライチゴ(海老殻苺)
属名 バラ科キイチゴ属 学名 Rubus phoenicolasius
別名 ウラジロイチゴ
名の由来
特性 落葉低木。 樹高2m。 つる状に伸びる。 枝には赤紫色の腺毛が密生し、刺がある。
葉は三出複葉で互生。 小葉は3枚。 頂小葉は卵円形。 長さ5〜8cm。
幅4〜6cm。 小葉の表面は淡緑色。 裏面は毛が多く、白色を帯びる。
葉脈の上にはとげ状の腺毛がある。 葉縁は不整の重鋸歯。 葉先は急鋭尖頭。
枝先に淡赤紫色の花が数個つく。 花の直径は約1.2cm。蕚の外側は腺毛が密生する。
果実は集合果。 直径1.5cmの球形。 赤く熟す、後に黒くなる。
花の拡大画像
分布 北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯の林縁。
六甲山系では所々で見られるが、数は少ない。
花期、果期  花期6〜7月  果期8月
エビガライチゴ  2004/7/19
  神戸市灘区 六甲山西側(標高840m)
エビガライチゴの樹皮  2003/5/31
  神戸市北区 柏尾谷(標高260m)
エビガライチゴの葉(表)  2004/7/19
  神戸市灘区 六甲山西側(標高840m)
エビガライチゴの葉(表)  2004/7/19
  神戸市灘区 六甲山西側(標高840m)
エビガライチゴの花序  2003/6/14
  神戸市北区 道場町(標高200m)
エビガライチゴの花  2003/6/14
  神戸市北区 道場町(標高200m)
エビガライチゴの果実  2004/7/19
  神戸市灘区 六甲山西側(標高840m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ