アブラチャン(油瀝青)
属名 クスノキ科 クロモジ属 学名 Parabenzoin praecox
別名 ムラダチ、ズサ
名の由来 種子や樹皮の油を灯火に使ったため。 
チャン(瀝青)はビッチやコールタールのこと
特性 落葉低木 樹高2〜5m。 雌雄別株。 樹皮は赤褐色で小さな皮目がある。
枝は細かく分かれる。
葉は単葉で互生。 葉身は卵形または卵状楕円形。 長さ4〜8cm、幅3〜4cm。 
葉の表面は緑色。裏面は灰白緑色。 両面とも無毛。 葉縁は全縁で大きな波状。 
側脈は4〜5対。
花は葉の展開前に開花。 雄花は淡黄色で数個が固まってつく。
雌花は緑黄色で雄花より小さい。
果実は液果。 直径1.5cmの球形で黄色に熟す。
果実は熟すと割れ、中に1個の種子が入っている。
花の拡大画像
分布 本州、四国、九州の丘陵帯〜山地帯の沢筋など湿った場所
六甲山系では少ない。
花期、果期  花期3〜4月 果期9〜10月
アブラチャンの樹皮(若齢樹)  2003/10/18
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
アブラチャンの樹皮(壮齢樹)  2004/2/15
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
アブラチャンの葉  2004/10/18
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
アブラチャンの葉(表)  2004/10/17
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
アブラチャンの葉(裏)  2004/10/17
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
アブラチャンの蕾  2004/2/15
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
アブラチャンの花  2005/3/21
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
アブラチャンの花  2005/3/21
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
アブラチャンの雄花  2004/3/13
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
アブラチャンの雌花  2005/3/31
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
アブラチャンの果実  2003/10/18
  神戸市北区 道場町 (標高200m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ