イブキシモツケ(伊吹下野) 
属名 バラ科シモツケ属  学名 Spiraea dasyantha
別名
名の由来 名前の由来は伊吹山で最初に発見されたため。
特性 落葉低木  樹高1〜1.5m。 幹はよく分枝する。
葉は互生、葉身は卵形〜菱形状長楕円形、長さ約4cm、幅2〜3cm、葉縁は鋸歯、
しばしば3浅裂する。 葉の質は硬く、葉脈は裏面で隆起し、毛を密生する。
短枝の先端に直径約3cmの散房花序を出し、白い小さな花を多数つける。
花の直径は約7mm。 花弁は5枚。  
果実は袋果で長さ約2mm。 
花の拡大画像
分布 本州(近畿以西)、四国、九州 石灰岩地域の崖に多い。 
六甲山系では流紋岩質凝灰岩の地域で見られる。
花期、果期  花期4〜6月  果期7〜8月
イブキシモツケ   2008/5/3
  宝塚市
イブキシモツケの樹皮   2008/5/3
  宝塚市
イブキシモツケの葉   2008/5/3
  宝塚市
イブキシモツケの葉(表)   2008/5/3
  宝塚市
イブキシモツケの葉(裏)   2008/5/3
  宝塚市
イブキシモツケの花序   2008/5/3
  宝塚市
六甲山系の樹木図鑑トップへ