コジイ(小椎)
属名 ブナ科シイ属 学名 Castanopsis cuspidata
別名 ツブラジイ
名の由来 コジイはスダジイに比べて堅果が小さいことから。 
ツブラジイはスダジイに比べて堅果が丸いことから
特性 常緑高木。 雌雄同株。 樹高20m。 樹皮はなめらかで普通割れ目ができない。
葉は単葉で互生。 葉身は卵状長楕円形。 長さ5〜10cm、 幅2〜3cm。
上半分に鈍い鋸歯と全縁の2つのタイプがある。
花は強い香りを放つ。雄花序は長さ8〜10cmで新枝から上向きに伸びる
雌花序は長さ約8cmで新枝の上部の葉腋から直立する。
果実が堅果。長さ8〜10mmの球形で翌年の秋に成熟する。
成熟すると殻斗は3裂する。
類似種のスダジイは若齢樹の樹皮も割れる。 果実が長細く、大きい。
分布 本州(関東以西)、四国、九州に分布。
六甲山系ではあまり多くない。 太山寺の原生林の主構成樹。
花期、果期  花期5〜6月  果期 翌年秋
コジイ(壮齢樹)の樹皮  2002/3/25
  神戸市西区 太山寺(標高120m)
コジイ(老齢樹)の樹皮  2002/12/28
胸高直径80cm
  神戸市西区 太山寺(標高120m)
コジイの葉  2002/3/25
  神戸市西区 太山寺(標高120m)
コジイの葉(表)  2003/12/30
  神戸市西区 太山寺(標高120m)
コジイの樹冠  2002/3/25
  神戸市西区 太山寺(標高120m)
六甲山系の樹木図鑑トップへ