ウラジロガシ群落
 ウラジロガシ、アカガシ、ツガ、モミなどの優占によって特徴つけられる。 樹高は20〜25mに達する。
 階層は4〜5層で構成され、第一層はカシ類が優占し、シイはほとんど見られない。(照葉樹林の北限)
 亜高木層にはアラカシ、サカキ、ヤブツバキ、ヤブニッケイ、などが生育し、低木層にはヒサカキ、
 ミヤコザサ、コガクウツギ、アセビ、ネズミモチ、テイカカズラ、ベニシダなどが見られる。 
 南斜面では標高約450m以上に、北斜面では約350m以上に発達する極相群落であるが、裏六甲の
 上唐櫃・山王神社、下唐櫃・山王神社、表六甲の摩耶山・天上寺、再度山・大龍寺、宝塚塩尾寺などに
 分布している。 
写真−1  ウラジロガシ群落の林内
    神戸市灘区 摩耶山天上寺跡の極相林
写真−2  ウラジロガシ群落の林内
    神戸市灘区 摩耶山天上寺跡の極相林